腰痛とむくみの深い関係

「腰痛が起こる時は決まって足がむくんでいる」という経験をされている方は少なくないでしょう。

 

腰痛とむくみ。
一見、何の関係もない二つの症状ですが、実はこの二つの症状には深い関係があるのです。

 

ではこの二つの症状はどういった点で関係があるのでしょう?

 

それは、二つの症状が起こる原因だといえます。

 

腰痛の起こる原因の一つに「血行不良」が挙げられます。

 

血行不良が起こることで、腰周辺の筋肉に蓄積された疲労物質がいつまでも停滞してしまい筋肉の緊張状態が続き痛みを引き起こすのです。

 

腰痛の原因の一つである「血行不良」。
これはむくみの原因の一つでもあります。

 

血行不良が起こることで、体内に水分が蓄積されやすくなってしまいむくみを引き起こしてしまうのです。

 

このように腰痛とむくみ、全く違う二つの症状ですが、症状の起こる原因が共通しているのです。

腰痛とむくみは何故、同時に起こるのか!?

腰痛とむくみが生じる原因には「血行不良」という共通点があります。

 

血行不良が起こることで腰痛を起こしやすく、むくみも生じやすくなってしまうのです。

 

しかし何故、この二つの症状が同時に起こってしまうのでしょう?

 

考えられる原因は二つあります。

慢性的な血行不良

冷え症など、慢性的な血行不良に陥っているとむくみも自ずと慢性的になります。
そういった状態で、腰に負荷を掛けることで腰痛を引き起こしやすくなり、腰痛とむくみが同時に起こってしまうのです。

腰痛が原因でむくみを引き起こす

腰に痛みを感じると、無意識に痛みを庇おうとし姿勢が悪くなってしまう方は多いでしょう。
実はこの姿勢が足のむくみの原因になってしまうのです。

 

腰痛を庇う為に無意識に楽な姿勢を取ろうとすると、太ももやふくらはぎの筋肉に負担が掛かり筋肉が硬くなります。

 

この状態が続くことで足の血流が悪くなり、むくみを引き起こしてしまうのです。

むくみを解消して腰痛も改善

むくみと腰痛の原因には、「血行不良」という共通点があります。
その為、むくみを解消させることで腰痛も改善することができるのです。

 

食生活や生活習慣の改善を始め、適度な運動やむくみ解消方法などを実践し、むくみを予防・改善することで自ずと腰痛も改善していきます。

 

また仕事柄、腰に負担を掛けることが多く、腰痛が起こりやすい方でも、むくみを予防・改善し血流が良くなるよう心掛けることで腰痛が起こりにくくなりますので是非、お試し下さい。

 


⇒ パンパン足にお悩みの女性必見!口コミ人気No1のむくみ解消サプリ

 

むくみ解消グッズ、今月の総合人気ランキングはこちら