むくみを改善する為には!?

食生活や生活習慣の改善、マッサージ、運動、むくみ解消グッズやサプリメントなど、むくみ改善する方法は数多く存在します。

 

その中でも、日頃から習慣にしておくことでむくみにくい体作りをできる方法があります。

 

それは「下半身を使った運動」です。

 

むくみの大きな原因は、様々な原因によって起る血行不良だといわれています。

 

血液の循環が悪くなると、水分代謝が低下し水分を蓄積しやすくなってしまうからです。

 

その為、日頃から血行不良を予防する為にも下半身を使った運動を行なうことで、むくみにくく、もしむくんでしまっても解消しやすくなるのです。

 

ではどういった運動が適しているのか!?
ご紹介していきましょう。

むくみにくい体を作る運動〜屋外編〜

むくみを改善・予防するには、下半身を使った運動を行なことが大切です。
まずは、屋外で行う運動を見ていきましょう。

ウォーキング

道具を一切使うことなく、時間さえあれば誰でも簡単に始められる運動の一つだといえます。
姿勢を正して歩幅を大きく取りながら歩くことで、足の血行不良が改善されむくみを解消・予防することができます。
また、ウォーキングを習慣化することで基礎代謝が上がり、血行不良を予防することができますのでおすすめです。

ジョギング

むくみの解消効果はウォーキングと同様ですが、ウォーキングと比べ運動量の多いジョギングは比較的効果が出やすい運動だといえます。
しかし、普段から運動をする習慣のない方がいきなりジョギングを始めると身体に負担を掛けてしまいますし、怪我の原因にもなってしまいます。
普段から運動をする習慣のない方は、身体を慣らす為にもウォーキングから始め、慣れてきたらジョギングに切り替えると良いでしょう。

むくみにくい体を作る運動〜屋内編〜

運動はしたいけれど、屋外で運動をするのには抵抗があるという方は少なくありません。
そこで、屋内でできる運動をご紹介しましょう。

踏み台昇降運動

一段高い台や階段を使って昇降運動を行ないます。
踏み台昇降運動を行なうことで、足の筋肉を使い血行不良を改善、むくみを解消・予防することができます。

スクワット

スクワットはウォーキングやジョギング、踏み台昇降運動などに比べると運動量は低いものの、下半身を中心にしっかりと運動することができます。
しかし、スクワットの場合、長時間連続して行うと腰痛の原因になってしまいますので注意が必要です。
食事の前やトイレに立ったついでなど、1セット20〜30回程度とし、1日5〜8回と分けて運動することで、下半身を中心に血行不良を予防・改善しむくみを予防・改善することができますのでおすすめです。

 


⇒ パンパン足にお悩みの女性必見!口コミ人気No1のむくみ解消サプリ

 

むくみ解消グッズ、今月の総合人気ランキングはこちら