むくみを解消するにはマッサージを

一度身体がむくむと全身が重だるく感じ、夜になってもなかなかむくみが解消されないという方は少なくありません。

 

むくみを解消しないまま就寝してしまうと、疲労感が抜けず翌朝になっても何となくだるいなんて経験はないでしょうか?

 

また、むくみやだるさを翌日に持ち越すことで更にむくみが悪化し、体調トラブルを引き起こしてしまうケースも少なくありません。

 

そこで、むくみやむくみからくるだるさを翌日に持ち越さない為にも、自宅で簡単に誰でもできるむくみ解消方法の一つであるマッサージをおすすめします。

 

マッサージを行なうことで、血行不良を改善しむくみを解消することができますので是非お試し下さい。

 

足のむくみを解消するマッサージ

一日疲れて帰宅すると足がパンパンにむくんでいる!という経験のある方は多いですね。

 

足のむくみを手軽に解消するには、入浴中に行なうマッサージがおすすめです。

 

では早速、むくみ解消マッサージをご紹介しましょう。

 

@身体を温める為、ゆっくりとお湯に浸かります。

 

A身体が温まったら、足首を踵側から握るように掴み、指の腹を使ってギュっと押し解すようにマッサージします。

 

B次に両手をグーにして、右足首を挟み、そのままふくらはぎから膝下へ向かって両手を動かします。
※必ず下から上への一方向で行って下さい。
これを15〜20回繰り返し、左足も同様に行います。

 

C両手を使い、右足首裏からふくらはぎ裏、そして膝裏まで下から上への一方向でタオルを絞るように30〜40秒マッサージします。
左足も同様に行いましょう。

 

D両手で右足首を包むように持ちます。
親指は脛側、他の指ふくらはぎ側にあてゆっくりと押すようにふくらはぎから膝裏、膝裏から太ももの裏に向ってマッサージしましょう。
左足も同様に行って下さい。

 

このように両足を下から上方向に向かってゆっくりとマッサージすることで、足の血行不良が解消されリンパの流れが良くなり足に蓄積してしまっている水分が排出されむくみを解消することができます。

顔のむくみを解消するマッサージ

顏のむくみが一番気になるのは朝という方が多いですね。
これは就寝中、顏の位置と身体の位置が平行となることが原因です。

 

顏は隠すことのできない部位ですので、朝鏡を見て顔がむくんでいると憂鬱になってしまいます。

 

そこで、朝の忙しい時間帯でも簡単にできるむくみ解消マッサージをご紹介します。

 

@洗顔後、スキンケアで顔を整えて下さい。

 

Aマッサージ後、すぐにメイクできるようにマッサージクリームは使用せず乳液や美容クリームを使います。

 

B手をグーにして第二関節のコブを使い、顎→頬→耳の付け根の順に押していきます。
これを3回繰り返します。

 

C人差指の第二関節を使って眉間からこめかみまでゆっくりと押していきます。
これを3回繰り返しましょう。

 

D人差し指のわき腹(親指側)を使って、目の下の頬肉と口元全体を耳側に引っ張り上げ3秒間キープします。
これを3回繰り返して下さい。

 

E顎の下に左右の親指の腹を当て、耳の下までゆっくりと引っ張り上げて3秒間キープします。
これを3回繰り返しましょう。

 

このマッサージを行なうことで、顏のリンパの流れが良くなりむくみを解消することができます。

 

また、メイク前にこのマッサージを行なうことで顔の血行が良くなりメイクのノリも良くなりますのでおすすめです。

 


⇒ パンパン足にお悩みの女性必見!口コミ人気No1のむくみ解消サプリ

 

むくみ解消グッズ、今月の総合人気ランキングはこちら