むくみを予防するには!?

むくみを解消する方法はあるものの、できることならむくむ前に予防したいと思われる方は少なくないでしょう。

 

むくみを予防するには、むくみの原因を改善することが大切ですが中には自分ではどうにもできないこともありますね。

 

そこで、むくみを予防する3つの方法をご紹介します。

1時間に1回は身体をリフレッシュ

むくみにお悩みの方の多くは、立ち仕事や座り仕事など一定の姿勢で長時間いる習慣があると言われています。

 

一定の姿勢で長時間いると、血液の循環が悪くなってしまい重力の関係上どうしても身体に不要な水分が下半身へと集まってしまい足を中心にむくみが生じてしまうのです。

 

しかし職業柄、一定の姿勢で長時間いなくてはいけないという方も少なくありません。

 

そこでおススメしたいのが、1時間に1回程のペースで下半身を中心に動かすことです。

 

座り仕事の方であれば、椅子に座ったまま膝を曲げ伸ばしする運動や、つま先を上下に動かす運動などを、立ち仕事の方は、踵の上げ下げ運動やトイレに立ったついでにスクワットを行なうなど仕事中やトイレに立つ短時間でも簡単にできる運動を行なうと良いでしょう。

 

こうすることで、血液の循環が悪くなるのを防止することができむくみを予防することができます。

トイレを我慢しない

忙しい時や仕事中など、尿意は感じているもののすぐにはトイレへは行かずついつい我慢してしまうという方は多いのではないでしょうか?

 

「○○が終わったら」「○時になったら」などついつい我慢してしまった結果、気付けば尿意も忘れてしまうなんて経験、ありませんか?

 

しかし、尿意を我慢することでむくみの原因になってしまいますので注意が必要です。
尿意を我慢すると、身体に不要な水分が排出されずいつまでも蓄積されてしまいます。
すると水分補給と排出のバランスが悪くなってしまいむくみが生じてしまうのです。

 

日頃からトイレへ行く習慣をつけ、トイレを我慢しないように心がけましょう。

入浴の習慣をつける

忙しい日が続き早くベッドに入りたいという日はついついシャワーだけで済ませてしまいがちですが、むくみを予防するには入浴することがとても大切です。

 

入浴することで身体が温まり血流が良くなりますのでリンパの流れも良くなります。
リンパの流れが良くなると、身体に必要以上に蓄積された水分が排出されやすくなりますので、むくみを改善すると同時にむくみを予防することもできるのです。

 

また、温かいお湯に浸かることで副交感神経が働き、新陳代謝が促進され身体に溜まった疲労物質がスムーズに排出されますので疲労を感じている時こそ、入浴をおススメします。

むくんでしまった時の対策

一度生じるとなかなか改善されないむくみ。
むくみを解消するにはどうしたら良いのでしょう?

 

むくみ対策に有効な方法を見ていきましょう。

 

  • むくみ解消マッサージ(全身)
  • むくみ用ソックスの着用(足)
  • むくみ解消効果のある成分(サプリメント)の摂取(全身)
  • むくみ解消グッズの使用(顏や手足など商品による)
  • 下半身を使った運動(全身)

このようにむくみ対策には、様々な方法が存在します。
また、部位によって適した方法がありますので、ご自身のむくんでいる部位にあった方法を行なうと良いでしょう。

むくみを予防・改善するには!?

美容面、健康面共に悪影響を与えるむくみ。

 

むくみを予防、改善するにはまず、むくんでしまう原因をしっかりと把握することが大切です。

 

むくみの原因には、

 

  • 塩分の摂り過ぎ
  • 立ち仕事や座り仕事など長時間、一定の姿勢でいる
  • 血行不良による冷え
  • 運動不足や加齢などによる新陳代謝の低下
  • ホルモンバランスの影響
  • ビタミンやミネラルの不足
  • 病気によるもの

など、食生活や生活習慣などが挙げられますが、原因は必ずしも一つではありません。

 

むくみの原因を知り、改善できるとことは改善しながら対策を取ることでむくみを予防・改善できますので、まずはご自身の食生活や生活習慣を見直してみましょう。

 


⇒ パンパン足にお悩みの女性必見!口コミ人気No1のむくみ解消サプリ

 

むくみ解消グッズ、今月の総合人気ランキングはこちら