むくみとは?

冷えやダイエットの天敵といわれているむくみ。
手足や顏などのむくみに悩んだ経験のある方は少なくないでしょう。

 

しかし、そもそもむくみとは一体どんな状態なのでしょう?

 

むくみとは、血液中の余分な水分が血管やリンパ管の外にしみ出し、皮膚の下に溜まった状態のことをいいます。

 

むくみの元である血液中の水分は、「血しょう成分」といって血液によって運ばれてきた栄養素や酵素を腎臓や肺などの組織に運搬する役割を担っています。

 

本来であれば栄養素や酵素を各臓器に運搬した後は、腎臓や肺などの組織細胞によって使われた二酸化炭素や老廃物を回収し、再び血液中へと戻ります。

 

しかしリンパ液の流れが悪かったり、静脈が詰まってしまうなどが起こってしまうことで血液中に戻ることができずに停滞してしまい、むくみとなって現れるのです。

むくみと体内水分量の関係

私たち人間の体は、全体重の2/3が水分であることをご存知ですか?
その内の約60〜70%は体内の細胞内に存在し、約20%は細胞周辺、残りの約8%は血液として血管内に存在しています。

 

むくみと深い関係があるのは、血管内に存在する血液です。

 

血液は私たち人間が生きていく為にとても重要な役割を担っている為、血液量は常に一定を保たれています。

 

血管の周りには水分が存在し、血液中の水分が不足すると血液中へ補充、逆に血液中の水分が多いと余分な水分を吸収するという働きを持っているのです。

 

しかし、食生活や生活習慣、体質や体調などの影響により血管外に水分が蓄積されてしまうことがあります。

 

これが所謂「むくみ」の状態です。

 

むくみの起こっている時は、体内の水分量が多くなってしまっている為、むくみを解消するには原因を解消し体内水分量を正常に戻す必要がある訳です。

むくみに男女差はある!?

むくみというと女性に多い悩みという印象を持たれていますが、実際にむくみに男女差はあるのでしょうか?

 

答えは「ある」です。

 

女性の場合、ホルモンバランスが周期的に変化します。

 

この女性ホルモンの作用によって、月経の1週間程前から月経中くらいまでの時期は血管が拡張し、尿量が減少、普段より水分を身体に溜め込もうとする為、どうしてもむくみやすくなってしまうのです。

 

また、女性の場合、男性と比べ筋肉量が少ない為、血行不良に陥りやすくむくみやすいといわれています。

 

しかし、むくみの原因はホルモンによる影響だけではありません。

 

食生活や生活習慣によっても起こり、こうした原因についての男女差はありません。

 

また、むくみが病気のサインという場合もありますので女性はもちろん、男性の場合であってもむくみが気になるという方は、むくみ対策を行ない改善が見られなければ一度、医師の診断を受けると良いでしょう。

 


⇒ パンパン足にお悩みの女性必見!口コミ人気No1のむくみ解消サプリ

 

むくみ解消グッズ、今月の総合人気ランキングはこちら