生理前、むくんでしまうのは何故!?

普段、あまりむくまないという女性でも、生理前になるとむくみやすくなってしまうという方が多く存在します。

 

何故、生理前になるとむくみやすくなってしまうのでしょう?

 

生理前のむくみは、ホルモンバランスが深く関係しているといえます。

 

女性ホルモンには、月経から排卵までに多く分泌されるエストロゲン(卵胞ホルモン)と排卵後から月経までの間に多く分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)という2つのホルモンがあります。

 

むくみの原因となっているのは、排卵後から月経までの間に多く分泌されるプロゲステロンの働きによるものです。

 

プロゲステロンは「母となる為のホルモン」とも呼ばれており、排卵後から月経までの間に子宮内膜を厚くし受精卵が着床しやすいように、受精卵が着床したら妊娠が継続できるようにと準備をしてくれるとても大切な働きを持つホルモンです。

 

しかし、このプロゲステロンの働きの中には「体内にある水分を蓄積する」という働きもあります。

 

その為、普段はむくまないという方でも生理前になるとプロゲステロンの働きにより体内水分量が増えむくみやすくなってしまうのです。

生理前のむくみを解消するには!?

生理前のむくみはホルモンバランスによるものの為、原因を取り除くことは難しいといえます。

 

しかし、塩分の摂り過ぎや過度な飲酒、暴飲暴食や睡眠不足などを控えることで大分、改善できるといえます。

 

また、下半身を使った適度な運動を心掛けることでむくみを解消・予防することができますのでおすすめです。

 

人によっては生理前になるとPMSの症状があり辛いという方もいますね。

 

PMSの症状が酷い方はあまり無理をせず、心身共にリラックスする時間を作ると良いでしょう。

 

入浴や足湯などで身体を温めることもおすすめです。

PMSとむくみの関係

PMS(月経前症候群)。
生理前になると心身に様々な不調が起こり、その症状が生理が始まるまで続き辛いという女性が多いですね。

 

PMSの症状には、

 

  • ライラ、うつ傾向、ネガティブ思考といった精神症状
  • 頭痛
  • 下腹部痛
  • むくみ
  • めまい

 

などがあり、症状の出方は人それぞれです。

 

このPMSは、女性ホルモンのバランスが変化することで生じてしまうのですが、原因の一つにむくみがあるといわれています。

 

生理前になると、プロゲステロンの分泌量が増加し体内に水分を蓄積するよう働きます。

 

この水分の蓄積は顔や手足などむくみやすい部位だけでなく、様々な器官に起こりむくみが生じた部位に不調を感じやすくなるのです。

 

また、こうしたむくみは脳にも起りこれがPMSの原因の一つだといわれているのです。

 

ホルモンバランスによって起るむくみは、なかなか予防することができませんが、食生活や生活習慣の中でむくみの原因となる行動を改善することで大分軽減されますので、日頃からむくみ対策を行なうと良いでしょう。

 


⇒ パンパン足にお悩みの女性必見!口コミ人気No1のむくみ解消サプリ

 

むくみ解消グッズ、今月の総合人気ランキングはこちら