妊娠中はむくみやすい!?

妊娠前はむくみとは無縁だったという方でも、妊娠中はむくみに悩むという方が少なくありません。

 

妊娠中は妊娠していない時と比べてむくみやすいのでしょうか?

 

その答えはYESす。

 

妊娠中は、体内の血液と水分のバランスが崩れやすい為、むくみやすいといわれています。

 

血液は赤ちゃんへの栄養を、胎盤を通して運ぶ大切な役割があります。
その為、妊娠中は通常よりも血液量が増加するのです。

 

むくみは血液から体液が漏れ皮下組織に水分として溜まることで生じる為、妊娠していない時と比べて血液量が多い妊娠中はむくみやすくなってしまうのです。

 

では、妊娠中のむくみの原因を見てみましょう。

 

  • 塩分の過剰摂取
  • つわり等が原因による運動不足
  • 妊娠に伴う体重増加
  • ストレスや疲労、身体的な原因
  • 冷えによる血行不良
  • 同じ姿勢でいることで起こる血行不良
  • 妊娠中の体型変化に伴う衣服の締め付け

 

妊娠中の血液増加とこれらの原因によって妊娠中はむくみやすくなってしまいます。

妊娠中のむくみ。赤ちゃんへの影響は!?

妊娠中、むくむことで心配になってしまうのは赤ちゃんへの影響ですね。
むくむことで、赤ちゃんへ悪い影響を与えてしまうのでしょうか?

 

答えはNoです。

 

高血圧や腎臓病などがなく、むくみだけであれば赤ちゃんへ悪い影響はないといわれていますので安心して下さい。

 

但し、むくみやすい食生活や生活習慣に心当たりのある方は無理のない程度に改善すると良いでしょう。

 

例えば、塩分の過剰摂取を控える、適度に身体を動かす、体型に合った服を選ぶなどですね。

 

また、妊娠中のママのストレスは赤ちゃんにとっても良いものではありません。

 

むくみ以外、他の症状がないのであればあまり気にせず、妊娠中でもできるむくみ解消法を試してみるなど気楽な気持ちでやり過ごしてしまいましょう。

妊娠中のむくみ解消方法

妊娠中のつらいむくみを解消するにはどうしたら良いのでしょう。

 

妊娠中でも手軽にでき、むくみ解消効果のある方法をご紹介します。

リンパマッサージ

入浴中や入浴後、身体が温まった状態でリンパマッサージを行ないます。
血液の循環が良くなりむくみを解消することができます。

ウォーキング

妊娠中は赤ちゃんの成長と共に足腰に負担が掛かり、血行不良に陥りやすくなってしまいます。
無理に沢山歩く必要はありませんが、日常生活の中で時間を決めず無理のない程度にお散歩がてら歩いてみましょう。
血行不良が改善されむくみを解消することができます。

睡眠時間をたっぷり取る

妊娠中は無意識に体力を消耗したり、ストレスを溜め込んだりしてしまいがちです。
また、ホルモンバランスが崩れることでむくみやすくなっています。
心身共に疲労を取るには睡眠を取るのが一番です。
睡眠時間をたっぷり取るよう心掛けましょう。

足湯のすすめ

妊娠中は下半身を中心に血行不良に陥りやすく、むくみやすくなっています。
下半身の血行不良を改善するには下半身を温めることが最適です。
運動できない、湯船に長時間浸かるのは辛いという方は足湯がおすすめです。
膝から下を38〜40℃程のお湯に入れてみましょう。
下半身がポカポカと温まり血行不良が改善され、むくみを解消することができます。

 


⇒ パンパン足にお悩みの女性必見!口コミ人気No1のむくみ解消サプリ

 

むくみ解消グッズ、今月の総合人気ランキングはこちら